トイレリフォーム失敗談から学ぶ成功のカギ

一戸建てでも集合住宅でも、数十年たてばトイレのリフォームは必須です。
しかし、理想と価格だけで業者や製品を選ぶととんでもないことに。

そんな失敗を犯さないためにもトイレリフォームを失敗してしまった人達の声に耳を傾けましょう。

トイレのリフォームを考えるタイミング

考える人トイレをはじめとした水回りのリフォームを考えるタイミングは築20年からです。

築20年でトイレリフォームを考えなくてはいけない理由

リフォームを考える理由水回りに使われている配管、特にジョイントの部材やつなぎ目を埋めるパッキンの寿命は20〜30年といわれています。

つなぎ目が劣化すればその部分から水漏れが起こります。
水漏れは徐々に木材を腐らせ、コンクリートや鉄筋を劣化させます。

 注意 

見た目を清潔に保っていても、築20年以上経っている住宅では、知らない間に水回りで水漏れが起こっていて、壁の内側や床下がボコボコに痛んでいる可能性は否定できません。

中古物件は築20年経っていくなくてもトイレリフォームを考えたい

考える女性中古物件を購入するときは築年数が経っていなくても水回りのリフォームを考えましょう。

中古物件は内見前に業者が見た目を整えます。
しかし大抵は外壁、壁紙や床材を綺麗するだけで水回りの手入れまでは行いません。

一般住宅で10年近く経っていれば水回りの設備は必ず劣化が進んでいます。

知らない人が使っていたトイレやお風呂に入るのもあまり気持ちのいいものではありません。

中古物件の購入時にはトイレのリフォーム費用も考えておきたいものです。

トイレのリフォームは節約にも繋がります

トイレや浴室のリフォームは家計の節約にも繋がります。

給湯器とトイレの便器は、エアコン、冷蔵庫と並ぶほど進化の早い住宅設備です。
同じ機能を果たすために使う水や電気の使用量は10年前に比べて格段に減っています。

トイレをリフォームすれば節電と節水にもなります。
家計にも環境にも優しい効果を期待できます。

でも、トイレのリフォームって意外に難しいのです。
理想や効率ばかり追いかけていると落とし穴が待っています。

トイレのリフォームで失敗した人達の声を集めてみました。

トイレのリフォーム失敗談あれこれ

バツを作る女性

デザインが気に入って選んだものの…

独身ですが、このまま家賃を払い続けていくのもどうかと思い、おもいきって中古マンションを購入(30代男性)


築年数の割りに綺麗な物件でしたが、トイレだけは人が使っていたのが嫌で便器だけでも交換することに。

ショールームで出会った最新型に一目惚れ。
迷わずに注文して取り付けてもらったのですが……大きすぎました!

腰を掛けると膝が壁にあたりそうです。
たって用を足すのも困難、友人達にも大不評。
なによりも掃除が大変です。

体が大きいので便器の裏に手が届きません……トホホです。

木の香りのするナチュラルな空間にしたくて

床が木できたトイレトイレを内装ごとリフォームすることにしました。
内装全体からの芳香と消臭効果があること期待して、天井、壁、床に無垢材を使い塗装も極力抑えて仕上げました。(50代女性)


リフォーム施工店が「床は天然無垢材のフローリングはオススメできません」とアドバイスしてくれたのですが「毎日綺麗にするし、たって用を足すこともないからっ大丈夫」と押し切りました。

良かったのは最初のうちだけ、数ヶ月も経たないうちに便座のまわりが黒ずみはじめした。

酔客の粗相でついてしまったシミもどうやっても取れません。
結局、もう一度床だけリフォームし直しました。プロの助言は聞くべきですね。

タンクレスにしたら手洗う場所がなくなった

もうなんと言っていいか。デザイン優先で選んだ便器。(50代男性)


まるで宇宙船のようなフォルムでカッコいいのですが、タンクの上の手洗い場がなくなるとトイレの中で手が洗えなくなることを失念していました。

別に手洗い場を設けるスペースも予算もありません。
外国製のタンク式の手洗い器を吊して下にバケツを置いています。邪魔です。不便です。

窓を大きくしたら……視線が

窓のある場所トイレの採光をよくしたくて窓を思い切って窓を大きくしました。(40代女性)


もちろん中がハッキリと見えるわけではないのですが、道を通る人のシルエットが気になります。

立ち止まって……多分携帯で話しているのでしょうが……いられるとおちおち用も足せません。結局、ホームセンターで買ってきた目かくしのシートで覆いました。

賃貸のトイレをリフォームしたら

公共賃貸のトイレを自費でリフォームしました。(60代男性)


良かれと思ったのに引越のとき「原状に戻すように」言われました。

交渉したのに頑として聞き入れてもらえず、仕方なくまた元のタイプに再リフォームです。

トイレリフォームを失敗しない対策

リフォーム後のトイレトレイのリフォームを決めたら注しておきたいポイント

便器のサイズはスペース優先

便器を決める際、一番大切なのは機能やデザインではありません。
トイレのスペースに納めたときちょうどいいかどうかです。

 情報 
  • 腰を掛けたりたったりが問題なくできる
  • 便器の裏まで楽に掃除ができる
  • 内開きのドアの場合、ちゃんと開閉できる

まずはトイレのサイズをしっかりと測って、それを元にリフォーム業者と相談しましょう。

床材は掃除のしやすいものを選ぶ

失敗談にあったようにオシャレだからと言ってトイレの床をフローリングにするのは考えものです。

 注意 

水をはじくタイプであっても木材と木材の隙間に入り込んだ汚れとニオイは蓄積します。塗装が剥がれれば木材自体にしみ込みます。

フローリングにしたいなら水回り専用のものを選びましょう。
他の材料でも防水性、耐アンモニア効果のあるタイプがいいでしょう。

外に面した窓を大きくするのは考えものです

大きな窓は人目が気になるだけではなく、防犯上からも問題です。
トイレや浴室の窓は泥棒にとって恰好の進入口です。

道に面していなくても必要以上に大きくするのは考えものです。
トイレを明るくしたいなら照明と壁紙で工夫してください。

手拭きを掛ける場所を設置

意外と忘れがちなので手拭きを掛ける場所です。
綺麗にできあがった壁に穴を開けるのは嫌なものです。

恒久的なタオル掛けを設えましょう。

手洗い場とタオル掛けが離れていると床や便器がいつでも濡れていることになりかねません。そのあたりも考慮してください。

賃貸のリフォームや家主の許可を得る

民間なら綺麗にリフォームすれば喜んでくれるかもしれません。

しかし公団や市営、都営住宅など公共の賃貸住宅は、他の部屋との公平を保つため転居時には原状に戻すように求められます。

 注意 

リフォームの際は必ず許可を得てください。

まとめ

蓋の閉まっているトイレトイレは狭い空間ですが、ある意味一番くつろげる場所です。
来客が隅から隅まで眺めるのもトイレではないかと思います。

トイレは「わが家の顔」だと考えていいでしょう。
それだけに内装や器具に自分の趣味を反映させてみたくなります。

ある程度凝っても大きな部屋のリフォームほど費用も掛かりません。

でも、使う側にとって一番大切なのは「綺麗で快適」なトイレです。

そのためにた座り、掃除のしやすさが重要なポイントです。
トレイのリフォーム成功のカギもそこにあります。